遷延性意識障害の等級

遷延性意識障害交通事故で負ってしまった後遺障害の種類は、多くありますが遷延性意識障害もその一つとなります。事故が原因で遷延性意識障害と医師に診断されて後遺障害認定の申請をする場合には、後遺障害第1級という認定となります。この第1級という内容には、精神的や体の機能的に障害を残してしまい、その結果介護が常に必要となるということが規定されています。この場合は後遺障害等級において、重度のものとなります。遷延性意識障害と認定された場合は、保険金が支払われることになり、この後遺障害に関しては長期間の介護が必要となりますので、自賠責保険があればといったことではなくそれだけでは済まないケースもあります。

遷延性意識障害の場合は、余命制限を主張してくる加害者がいますので、この場合は制限を採用させることなく話を進めていくようにしましょう。遷延性意識障害では、余命に関して健康な人よりも平均して余命が短いといった内容の提示をすることで、賠償金などの金額を減額させる目的があります。しかし、多くの判例ではこの余命制限を採用していないというところもありますので、弁護士に相談することで弁護士がその後見人となって理論的に話し合いが進めることができるようにしていくことが重要となります。

弁護士に相談すること

弁護士に相談交通事故では、さまざまな後遺障害を負うケースが多数あります。遷延性意識障害というものも、その後遺障害の一つとなります。この遷延性意識障害は非常に思い症状となり、回復は見込めないものとなります。日常的な介護が必要となることで、家族に大きな負担がかかります。万が一、こうした事故で遷延性意識障害となった場合は、まず交渉に関しては、加害者と被害者とでは交渉の内容がかなり高くなってしまいますので、必ず弁護士に相談することで、交渉が公平に行われていきます。交通事故の場合は、お互いがお互いの身を守るような交渉となってしまいます。事故で後遺障害を負ってしまう場合には、公平な交渉を行う必要があります

被害者側は弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償金など、さまざまな手続きや書類などを請け負ってもらうことができます。また、加害者側との交渉も弁護士が行うことで、迅速に事が進み確実に公平な内容の決断に至ります。交通事故はお互いを不幸にしてしまう行為です。最悪の場合、遷延性意識障害といった重度の病にさせてしまうこともあります。後遺障害も種類が多くありますし、等級もあります。事故で後遺障害を負ってしまった場合は弁護士に相談することが良い方法となります。

関連情報>>>弁護士法人アディーレ法律事務所

介護が必要となる

交通事故が原因で、遷延性意識障害となってしまうと常に介護が必要となってしまいます。入院をしていても、その期間が3か月間を過ぎるようでしたら転院や退院といったことを病院側から求められます。必ずしもそうではないにしても、回復が見込めない場合は自宅でという形を勧められてしまいます。遷延性意識障害は、大変重い病となりますので家族の介護が必ず必要となります。日中仕事をしている人にとっては介護する余裕が持てない場合は、ヘルパーなどを頼むケースがあります。

弁護士しかしその他の時間は家族が世話をすることになりますので、大きな負担となる可能性もあります。遷延性意識障害を負ってしまった場合は、金銭的な余裕がない場合にはすべて家族が世話をすることになりますので、お風呂に入れる事や爪などを切る事そして酸素などの医療器具の管理などを行わなければいけなくなります。サポートをヘルパーなどに依頼することで、家族と被害者が共にストレスのない生活が送れます。また、事故が原因の場合は交通事故に特化した弁護士に相談することをお勧めします。事故を専門的に扱っている弁護士の場合には示談などの交渉もスムーズに行うことができますし、損害賠償請求などの手続きもスムーズに行えます。