介護が必要となる

交通事故が原因で、遷延性意識障害となってしまうと常に介護が必要となってしまいます。入院をしていても、その期間が3か月間を過ぎるようでしたら転院や退院といったことを病院側から求められます。必ずしもそうではないにしても、回復が見込めない場合は自宅でという形を勧められてしまいます。遷延性意識障害は、大変重い病となりますので家族の介護が必ず必要となります。日中仕事をしている人にとっては介護する余裕が持てない場合は、ヘルパーなどを頼むケースがあります。

弁護士しかしその他の時間は家族が世話をすることになりますので、大きな負担となる可能性もあります。遷延性意識障害を負ってしまった場合は、金銭的な余裕がない場合にはすべて家族が世話をすることになりますので、お風呂に入れる事や爪などを切る事そして酸素などの医療器具の管理などを行わなければいけなくなります。サポートをヘルパーなどに依頼することで、家族と被害者が共にストレスのない生活が送れます。また、事故が原因の場合は交通事故に特化した弁護士に相談することをお勧めします。事故を専門的に扱っている弁護士の場合には示談などの交渉もスムーズに行うことができますし、損害賠償請求などの手続きもスムーズに行えます。

Pocket