遷延性意識障害の等級

遷延性意識障害交通事故で負ってしまった後遺障害の種類は、多くありますが遷延性意識障害もその一つとなります。事故が原因で遷延性意識障害と医師に診断されて後遺障害認定の申請をする場合には、後遺障害第1級という認定となります。この第1級という内容には、精神的や体の機能的に障害を残してしまい、その結果介護が常に必要となるということが規定されています。この場合は後遺障害等級において、重度のものとなります。遷延性意識障害と認定された場合は、保険金が支払われることになり、この後遺障害に関しては長期間の介護が必要となりますので、自賠責保険があればといったことではなくそれだけでは済まないケースもあります。

遷延性意識障害の場合は、余命制限を主張してくる加害者がいますので、この場合は制限を採用させることなく話を進めていくようにしましょう。遷延性意識障害では、余命に関して健康な人よりも平均して余命が短いといった内容の提示をすることで、賠償金などの金額を減額させる目的があります。しかし、多くの判例ではこの余命制限を採用していないというところもありますので、弁護士に相談することで弁護士がその後見人となって理論的に話し合いが進めることができるようにしていくことが重要となります。

Pocket